archive: 2017年08月  1/1

Cubase 9.0.30 アップデート

アップデートがきました。早速人柱隊インストールしました。これから動作検証します。今回のアップデートではQuickTimeに頼らないビデオエンジンが搭載されたとか。でも、私あんまりビデオに音付けしないんですよね^^;まあいいや。とりあえず不具合などありましたら追記します。...

久しぶりに

No image

ピアノを弾いてコードとメロディーを作って曲を書きました。最近はずっと電子音のピコピコ言うシーケンスとアルベジオを多用した曲ばかり書いていたので、たまには初心に帰ってシンプルな曲作りをしてみようと思いました。ところが、シンプルな故に一個ずつの音の質感が結構シビアで、ミックスにすごく時間がかかりました。こう、小細工の騙しが効かないと言うか、小手先のテクニックではうまくまとまらないですね。難しいです。使...

NATIVE INSTRUMENTS からお知らせがきました。

PERCUSSIONきましたね。オーケストラ系のパーカッション音源です。それでもってデモの演奏がまた派手だ〜。このティンパニーか、タムの音がすごく抜けが良くていい音してますね。そう来たかって感じですが、音は相変わらすいいですね。特に強打している音色は、他の音源では出ない感じがします。それくらい「これでもか」と派手です。ラインナップもかなり豊富で、ドラム系の他にシロフォンやマリンバなんかも入っているので、これ...

昔書いた曲。

No image

が、古いハードディスクから大量に出てきました。まだサンプラー(AKAI-S1100)とか使っていて、Cubaseにオーディオ機能とかなかった頃に書いた曲です。機材的には今とは比べものにならないくらいショボいです。でもその中でやりくりして工夫して曲を作っているのがよく分かって、我ながら涙ぐましい努力をしているなぁと、感心してしまいました。殆どの曲が、とある音楽事務所から著作権フリーの音源として販売されていたものです...

制作している曲について。

No image

どうもこう、完成してもしっくりこない時があります。ボツにすべきかすごく迷います。一番困るのは、曲のどの部分が完成の領域に達していないのか分からない時です。メロディーなのか、バックのシーケンスフレーズなのか、あるいはそれら全てをひっくるめて、全部がかみ合っていないのか?潔くボツにするべきですかね。でもなんとか完成品として許容できる範囲まで引き上げてあげたいと言う気持ちが強くあって、いじるんですが、い...

Roland TR-08 SH-01A

Roland Boutiqueシリーズとして、TR-08 と SH-01A が出ていますね。どちらもRoland お得意の「ACB」で忠実にTR808とSH101を再現したものです。TR-08は音の質感とかかなりの精度でオリジナルを再現しているように思います。もう見た目が808以外の何者でもないですし、好きですよこの外観。オリジナルではできなかった、シーケンスを止めずにパターンを書き換えたり、MIDI USBインターフェイスの搭載など、オリジナルにはない利便性...

ネット復帰しました。

No image

とりあえず、繋がりました。でも、ネットに繋げなかった間に、アップデートがすごいたまっていて、パソコンフル回転です。重いです。で、肝心の速度ですが、それなりに出てる感じ。でも予想より遅いかな。ああ、でもクラウドにまだバックアップ取らないといけなかった、まだちょっと曲を書く方まで手が回りそうにないかもです。...