Top page  1/38
27
2017

BFD 3 を使ってみました(5)

CATEGORYVST Plugin
BFD in Cubase

CubaseでBFDならしてます。上の画像ですが、やたら手数の多いドラマーになっているのがご理解頂けるかと思います^^; それぐらいBFDでのタム回し気持ちいいです。

最近発見したのですが、BFDは各ドラムをパラアウトにしてそれぞれの音を調整した後、もう一度グルーピングしてドラム全体にコンプかけると凄くまとまりのある音になる事を発見。ドラミングが活き活きとして、躍動感が出ます。生ドラムっぽくなります。結構EQなどでいじっても、BFD輪郭が崩れないですね。本当によく録れてます。なんというかしっかりと地に足の付いた音なんですよね。

ドンジャリの派手さはないけど、腰があるというか、変にいじらなくても、オケの中で際立つというか、前に出てきますね。今まではBattery 4とかのキックにはガンガンにコンプかけてたんですが、BFDのキックはいじらなくても、結構素の音で行けてしまいますね。ドラムの音ってキックの音が要だと思うので、これは非常に助かってます。キックの音がいいとオケが引き締まります。

なんかもうベタ惚れ状態ですが、本当に良いですよ。絶対買って損はないです。自信を持ってオススメできます。ドラムのトラックに何かしら不満のあるあなた! そうです、そんなあなたにBFD3ですよ😀
22
2017

Roland SE-02

SE-02

SE-02

Rolandからアナログシンセが出ますね。Studio Electronicsとのコラボレーションで実現した、もろヴィンテージシンセを意識した仕様です。デモのビデオを見てみましたが、なかなか過激な音しています。それもそのはずでクロスモジュレーションなどモジュレーション機能満載で、音色の作りがいがありそうなシンセとなっています。

384個のプリセットと128のユーザープリセットを搭載、多彩な外部入力やMIDIやUSBなど、現代的な接続もきちんと装備されていると言う。またRoland Boutiqueシリーズ仕様でコンパクトなんですが、出音はそれを全く感じさせません。

何故か、RolandのHPとかでも全く宣伝されていないです。ひっそりとアナログシンセのページに詳細が掲載されているのみです。私もgoogleのニュースで存在を知ったぐらいなので。でも、そんな事情をひっくり返すくらいのインパクトありますね。

予想価格は5万ちょい。それでこの音!コストパフォーマンス高いです。いよいよRolandも本格的にアナログ参入の予感。
21
2017

BFD 3 を使ってみました(4)

CATEGORYVST Plugin
BFD3_Cubase

画像はフィルインを作ってるところです。上の"R""C""L"というパートはシンバルが入っています。右、センター、左って感じです。これの並べ替えでパターンを構築していきます。キックやスネアは、ハイハットとは別のパートにしてあります。オーバーラップで重ねてありますが、これは編集をしやすくするためです。ベロシティーの調整とかしやすいですしね。あとタムを叩いている間はハイハットをペダルで踏んでますが、この音がなかなかいい音です。ちゃんとペダル踏んでる音がします。これ、大事ですよぉ。

タム回しは Cubaseを録音状態にして、色々叩いてみて思うようにできたところを拾う感じです。切って貼って切って貼って、です。

BFD3、変にパーカッションとか入ってないのがいいですね。もう完全にドラムに特化してるところが好感が持てます。ひたすらドラムの音に注力しているのが分かります。ドラム本体の音はもちろん丁寧に録音されているんですが、ルームマイクのアンビエンスもすごく綺麗に録音されてるので使いやすいです。ドライからウエットへの調節がすごく楽です。音質もすごく変わります。なんか醍醐味だわぁ、いいですねぇ。惚れましたわぁ。

ここの所ずっとBFDのドラムパターンから曲作ってます😁
20
2017

BFD3 を使ってみました(3)

CATEGORYVST Plugin
以外と音色のコントロールがしやすいことを発見。各サンプルのダイナミックレンジが広いので、すごくイコライザーの効きがいいです。コンプもよくかかります。音量と音色のコントロールも慣れてきました。特にフィルイン作るのが楽しいです。タムの音がいいので、こう流れるようなタム回しができます。

右から左へタムを回したら、左のシンバル、スネアからは最短の距離で右のシンバル、というように実際のドラマーの叩いているところが見えるようなドラミングを心がけています。その分いつもより時間がかかってますが、結果はオーライです。

タムもリバーブバリバリにかけてハイをかなり上げています。スネアとの絡みでこの方が、ドラマーがドラム回してる感じがものすごくでますね。今はまだおとなし目のキットを使っているので、これから徐々に激しい音色にも挑戦していきたいです。