FC2ブログ
Top page  1/49
04
2021

ahamo を契約しようとしている人に注意喚起

CATEGORY雑記
先日ドコモから話題のahamoに乗り換えました。まあ、コロナの影響で経済的にも逼迫している個人的な事情もあり、ちょっとドコモの高額な料金を払うの辛くなって来たと言うのもあります。

さて、事前にある程度の情報は仕入れていたつもりだったのですが、ahamo、思わぬ落とし穴がありました。
まず、ドコモからahamoに切り替えても解約にならないオプションサービスがある事を知らずに契約してしまいました。もちろんオプションの料金はahamoに切り替えても取られます。そうです、月額2970円ではないのです。私の場合オプションも含めると4千円以上になってしまうことが判明しました。でも、もうドコモのサイトでは解約はできません。そして困った事にahamoのサイトにそのオプションを解約するページが見つからないのです。ここからが本題。

そこで、チャットでの問い合わせを試みました。「このページにありますよ〜」と気軽に教えてくれる事を期待していたのですが、その期待は脆くも打ち破られます。

オペレーター「サイト内の誘導はしておりません」・・・は? いや、いや、いや、いや、どこに書いてあるか教えて欲しいだけなんですけど? でもオペレーターはahamoのトップページのURLをチャット画面に貼り付けて、「お客様ご自身でお手続きください」を繰り返すばかり。どうなってるの?

この時点でかなりイライラして来ていたのですが、ちょっと考えて質問の仕方を変えて見ました。「私が探している情報はahamoのサイト内に存在しますか?」と質問して見たのです。すると、「ahamoアプリの中のその他の手続きからお手続きいただけます」と返事が返って来たではないですか、引っかかったな、しめしめ、と思ったのもつかの間、「その他のお手続き」のページを何度見回しても私の探している情報がありません。それをオペレーターに言うと「お客様ご自身でお手続きください」の決まり文句が返ってくるだけ。さすがにこっちも切れて、「乗ってないぞ?」と問い詰める事数分。するとオペレーター「ご案内は以上です」と言って、チャット切りやがりましたよ? え? マジで?

結論、ahamoのチャットサービスは名ばかりで内容が無い。何もサポートしてくれない。本当に何も教えてくれないです。これならこんなチャットサービスはなくして、もう500円ぐらい料金を下げて貰いたいと真剣に思いました。

ahamoを契約しようとしている方、「チャットで問い合わせればいいや」は禁物です。チャットは名目上「サービス(サポート)するよ」と言うドコモの巧妙な口実にすぎず、サービスとしての実態が無いと言うことを念頭に置いて、「それでもいいよ」と言う人はahamoと契約しても良いかと思いますが、何かしら分からない事があったらチャットサポートで…、と思っている方は、今一度ahamo情報をキチンと集めて理解して、納得した上で契約する事をお勧めします。じゃ無いと、絶対後悔します。

もう一度言います、ahamoは事実上、サポートはしてくれません。

後日談。
で、その後一時間以上かけて、ahamoのサイトを片っ端から見て回り、そして私の探していた手続きのページを見つけました。なんとdアカウントでログインした、ahamoのページの「アカウント」のページにありました。オペレーター嘘こいてるんじゃねぇよ! と叫ぶ私。そんなオペレーター自身さえ内部事情を把握してないサービスって一体…。と、思いますよね。

でも、なんとか無事に月額2970円での利用ができるようになりました。メデタシメデタシ。本当に?
17
2020

ホワイト? or ブラック? 会社

CATEGORY音楽制作
著作権フリーの音源を作っている方へ。
マジで関わらない方がいい会社「WH◯TE BGM」。
普通に付き合っている分には問題ないですが、Youtubeの「Content ID」などの著作権関連の問題になると態度激変。超投げやり不親切なメールを送りつけて来て。超上から目線。法務問題なので専門知識がない私が戸惑ってしまってサポートを要求しても却下。「自分で解決しろと」言われる。不愉快極まりない会社なので、付き合わない方が良いですよ。と言うお話。
私はそれでCD一枚分の曲、全部取り下げられました。
30
2019

MODIQUE と言う会社について

CATEGORY音楽制作
ツイッターで連絡を受けて実際に会って話をしないか?とお誘いを受けた方結構いらっしゃるんじゃないかと思いこの記事を残しておきます。

Googleで会社の名前を検索すると名前の後に「危険」「怪しい」と言った単語が出てきてありゃ〜と思うかもしれませんが、私は実際にこの会社の人と会ってお話ししてきたのでその事にについて少し書きたいと思います。

まず連絡はDMですね。LINEで連絡を取りたいと言われたんですが、私ライン使ってないので結局DMでお会いする日を決めました。本社は千代田区の様ですが、なぜか指定された場所は六本木ヒルズ?しかも会議室とかではなくフリースペースの様な場所に設置されたテーブルと椅子のある場所に案内されました。

さあそして担当の方と対面です、名刺交換です、と思ったら名刺くれません。何故だ?気を取り直して話を聞きましたが、まあ淀みなくペラペラと喋り倒す感じです、雰囲気は穏やかでしたが。

さて問題のマネージメントにいくらぐらいの費用がかかるのか、と言う問題ですが、60日で20万掛かるそうです。私はちょっと借金などもありホイホイと工面できる金額ではなかったので断りました。

まあでも「メディアに露出して有名にならないか」と言うのはクリエイターにとってなこれ以上ない甘い言葉ではないでしょうか?そんなプロモーションをしてくれるのかも未知数。金額の前にもう少し「こう言う風に売ります」と言うのを聞かせてほかったと思いました。w( ̄o ̄)w
15
2018

小説を書きました。

CATEGORYCubase
最近はこちらで活動してます。
https://twitter.com/Denshi_Ongaku

そうそう、小説ですが、Kindle direct publishing で自分の本が売れるようになったので、早速の自作の小説をアップして見ました。
Morning Moon

文芸小説に近いですね。あんまりライトノベル、と言うノリではないです。一言で言ってしまうと恋愛小説です。しかもかなりの長編になります。主人公の聡が小学校低学年から高校生になるまでを描いています。そこに聡が生まれる前に起きた事故の影が次第に迫り、登場自分物達を翻弄します。運命のイタズラと言うんでしょうか。そんなちょっとサスペンスの要素もある内容。とにかく登場人物たちの心の動きを丹念に丹念に描いたので、そう言った内容を好む方に特にオススメです。あとはとにかく泣ける話を書く、と言うのがテーマとしてあったので、その辺も丹念に作り込んであります。

Kindle本なので、パソコンやタブレット、スマホで気軽に読めるので、お手に取っていただけると幸いです。

#恋愛小説 #純愛 #大河小説 #長編小説 #泣ける小説
05
2017

Cubase 9.5 (3)

CATEGORYCubase
9.5ですが、結局サンプラートラックをいじっていると落ちることが判明し、使用を断念しました。

MedyiaBayからサンプルを読み込んで、他のトラックにフォーカスを移す、とかで落ちます。9.5は起動も速くなり、視認性が上がってこれはいいアップデートだな、と思っただけに残念です。

とりあえず、9.5.10とかが出るのを待ちたいと思います。仕事はとりあえず Cubase 9 で問題ないので、こちらを使います。

そうそう、昨日 Cubase 9 を立ち上げたら、いきなり初期化が始まって焦りました😅 なんだったんでしょう、しかしそのお陰で、なぜか起動が早くなり、テンプレートファイルを開く所でも引っかからなくなりました。これは嬉しい誤算です。捨てる神あれば拾う神ありって感じですかね。これで仕事もスムーズに進めると思います。

あと、今日Arturia V Collection 6 を購入。CMI VとDX7 V をいじるのが楽しみです。今バックグラウンドでダウンロードしています。シンセの使用感についてはまた後日書きたいと思います。